現在開催中の電子書籍ストアセール情報まとめ

注目の大規模セール・速報など (1/21更新)



中国版Moto X 2nd(2014)の対応バンドが判明

Googleから売却され、レノボ傘下で中国への再上陸を果たしたモトローラですが、公式サイトにてMoto X 2nd(2014)の対応周波数が明らかになりました。

対応周波数の一覧表

f:id:hassyX:20150210145602p:plain


ここで注目すべきは「FDD LTE」の欄で、1, 3, 7, 20に対応するとなっています。日本国内の3大キャリアの対応周波数と照らし合わせてみたのが以下の表です。

docomo softbank au
Band1 (2100MHz)
Band3 (1800MHz)
Band7 (2600MHz)
Band20 (800MHz)


ちなみに、最も日本で使うのに適していると思われる欧州版Moto X (SIMフリー, モデルナンバーXT1092)は、中国版に追加してバンド8に対応しているので、以下のようになります。

docomo softbank au
Band1 (2100MHz)
Band3 (1800MHz)
Band7 (2600MHz)
Band8 (900MHz)
Band20 (800MHz)


中国版Moto X 2ndのモデルナンバーが何に相当するのかは不明ですが、日本で海外端末を使う上でキーになるBand1に対応しているのは嬉しいところです。XT1092であれば、Band8にも対応しているのでより嬉しかったんですけどね。

2015/2/12追記:中国版Moto Xのモデルナンバーが判明しました。

中国版Moto X 2nd(2014)のモデルナンバーについて - 技術の更地


これまでXT1092を入手するには、ヨーロッパなどの端末ショップから購入するしかなかったのですが(例えばhandtecとか)、お隣の中国でMoto X 2ndが発売されたことによって、モトローラ端末の入手性が向上することを期待しています。

Amazon.co.jpアソシエイト