現在開催中の電子書籍ストアセール情報まとめ

注目の大規模セール・速報など (1/21更新)



Macを快適に使いこなすための考え方、みたいなもの

Twitterの方に、Macを快適に使う上での、自分なりの考え方みたいなものを投稿してみました。





言いたいことは上のツイートで大方言ってしまっているのですが、Apple製品を快適に使っていくために注意すべきポイントをいくつか挙げておきます。

常用するハードとソフトをApple製品で統一する

一般的に、一社にサービスを依存してしてしまうのは良くないことだとされています。サービスの質が低下した時や、値上げが行われた時に逃げる先が無くなるため、その会社に使用者の動向がコントロールされてしまうためです。

ただし、Apple製品に関しては、全てをApple製品で統一した場合の利便性について非常に注力して作られているため、甘んじて毒林檎を丸呑みする選択肢も十分アリだと思います。というか、そうしないとApple製品を使用する上での利点が大きく削がれてしまうと思います。

身の回りの製品をAppleで統一して得られる利便性の例

  • 同一のApple IDでログインしたMac/iPad/iPhone間で、メールの送受信が可能。メールの履歴は全ての端末で共有されるので、どの端末から送受信しても送受信履歴がちぐはぐな状態になることがない。
  • Mac/iPadからWiFiを経由してiPhoneで電話を掛けたり、受けたりすることができる。
  • TimeMachineを使えばMacのデータをフルバックアップ/復元が可能。USBの外付けHDDで定期的にバックアップを作成してもいいが、家庭内のネットワーク上にTime Capsule(または外付けHDDをUSB接続したAirMac Extreme)が存在すると、数分おきに定期的にバックアップイメージが生成される。新しいMacを購入した時には、TimeMachineから復元することで、復元先のMacの構成に応じて適切に復元してくれる。


f:id:hassyX:20150128190235j:plain


TimeMachineによるバックアップ/復元機能は非常に便利で、復元元のMacの設定にもよりますが、復元後の初回起動時に、最後に開いていたウィンドウや、ブラウザの戻る⇔進むの閲覧履歴、ターミナルのログなども完全に復元されます。初めて復元した時はちょっと感動しました。

Apple製品は高く売れるので、新しいMacが欲しい時はお古のMacをとっとと売って買い換えるべし。

他社製品と比べて、Apple製品は店頭で値引きされることが少ないです。その代わり、売却するときの価格も他社製のPC等と比べると非常に高く、新製品が出た時は今使ってる機器を売って、新製品の購入代金に充てると幸せになれます。

PCのような高額商品を買うと、何年使えば元が取れるのか…といったことを考えて、買い替えを躊躇してしまうようなこともあると思いますが、Apple製品に関してはどんどん買い換えてしまうのがいいと思います。特に、自宅にTimeMachineの常時バックアップ環境がある場合は、データの移行などで特に構えることもなく、買ってきたMacの起動時に「TimeMachinから復元」を選べば、ワンクリックで復元が始まります。

最後に

f:id:hassyX:20150128190816j:plain
GoogleやMSなどの競合他社と比べて、カスタマイズ性や自由度で大きく見劣りするApple製品ですが、Apple製品同士の連携の利便性や、ユーザー側になるべく労力をかけさせないようにする姿勢については、いまだApple側に一日の長があるところかと思います。

「頭カラッポの方が夢詰め込める」と誰かが歌っていましたが、Appleユーザーは過剰なカスタマイズ性などを追い求めず、Apple側に委ねられるところは全部委ねて、そうして生まれた余裕をクリエイティブ(※)な分野に費やすようにしたいところです。


(※)例えば、カフェにMacBook Airを持ち込んで優雅なひと時を過ごすとか…冗談ですよ。


APPLE AirMac Time Capsule - 2TB ME177J/A

APPLE AirMac Time Capsule - 2TB ME177J/A

Amazon.co.jpアソシエイト